標準貨物自動車運送約款等の改正について

昨年「標準貨物自動 車運送約款等の改正」が行われ、平成 29 年 11 月 4 日より施行されております。

これに伴って、各トラック事業者は、

  • 新標準約款を使用する場合には、新標準約款を営業所に掲示するとともに運賃及び料金の変更届出を行い、
  • 使用しない場合には、旧標準約款 等を使用することについて認可申請を行うとともに、認可後に旧標準約款等を営業所に掲 示する必要があります(場合によっては運賃及び料金の変更届出も必要)。

本改正の施行から 1 か月以上が経過したところですが、これらの必要な手続の申請率が未だに低いようです。

私のお客さまでも、

「何、その話?」

という反応をされた方が結構いらっしゃいました(^^;)。

もしお忘れでしたら、急ぎ手続きをされることをお勧め致します(^_^)。

 

当事務所でもお伺いいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

 

念のため、改正内容等を記載しておきます。

 

1.改正内容

標準貨物自動車運送約款等について、以下のような改正を行うことにより、運送の対価としての「運賃」及び運送以外の役務等の対価としての「料金」を適正に収受できる環境を整備します。
(1)運送状の記載事項として「積込料」「取卸料」「待機時間料」等の料金の具体例を規定。
(2)料金として積込み又は取卸しに対する対価を「積込料」及び「取卸料」とし、荷待ちに対する対価を「待機時間料」と規定
(3)付帯業務の内容として「横持ち」等を明確化 等

2.施行日

平成29年11月4日

標準貨物自動車運送約款改正

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です