阪急電鉄「伊丹空港線」検討

皆さん、こんにちわ(^∇^)。今日はいつもとは趣向の違う記事を(;^_^A。

 

先日(9月1日)のニュースでタイトルにあげた記事を発見しました。

👉 http://www.yomiuri.co.jp/economy/20170901-OYT1T50077.html

私は自宅が西宮市の甲子園ですので、飛行機を使うとすれば、移動に距離のある関西空港より伊丹市にある伊丹空港なのですが、

そう言えばこの空港って鉄道でアクセス出来なかったんです(;^_^A。

大阪モノレールがアクセスしていますが、路線は大阪の市街地を大きく外周するように展開されているため、兵庫県の人が空港アクセスに利用することは稀です。

兵庫県に住む人は、空港へのリムジンバスか自家用車を使用するのがもっぱらな方法ですが、

大阪に離発着する際に利用する空港でありながら鉄道アクセスがない

というのは、地元の人だけではなく、地方から来る人も意外に感じるのではないでしょうか。

 

もっとも今回発表されたニュースも大阪市中心部からのアクセスを考慮してますので、兵庫県に住む我々からすれば少し遠回りになる印象は抜くえませんが、いずれにしても鉄道のアクセスは初めてのことです。

 

阪急電鉄はこのニュースの発表の前にも、関西空港へのアクセスを考慮し、もともとJR西日本と南海電鉄が構想していた「なにわ筋線」に乗り入れるため、わざわざ新しい連絡線と、新しい車両(阪急はJR、南海と線路の幅が異なるため現状の車両を使うことができません)を製造して名乗りをあげるなど、空港アクセスに対して活発な動きをしています。

 

「伊丹空港線」なるものが実現するかどうかまだ検討中のようですが、気持ちとしては実現して欲しいと願っています(^_^)。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です