低炭素型ディーゼルトラック導入を支援する補助事業の公募 (国土交通省・環境省)

皆さん、こんにちわ(^∇^)。今日から本格的にGWに入りましたが、いかがお過ごしでしょうか。私が住む界隈は気候も良く、穏やかでいい気持ちです(^_^)。

 

さて、少し前の発表(4月24日)になりますが、国土交通省と環境省は、トラック輸送におけるCO2排出削減を図るため、投資余力の少ない中小トラック運送業者を対象に、

低炭素型ディーゼルトラック導入を支援する補助事業の公募

を、6月より開始すると発表しました。

以下、発表内容を抜粋します。

1.事業内容
中小トラック運送業者におけるトラックの更新需要をトップクラスの燃費レベルに誘導するため、低炭素型ディーゼルトラックを導入する事業について、車両導入経費の一部を補助します。

2.申請受付期間
平成29年6月12日(月)~平成30年1月31日(水)
※申請にかかる審査は、申し込み順に行います。
※予算額の残額が2割程度に達した場合には、当該日付以降は申し込み順による審査を行うことはせず、 当該日付から平成30年1月31日までに申し込みのあったすべての交付申請を対象に審査を行います。 また、予算残額を超える申請があった場合には、抽選により補助事業者を決定します。
※申請受付状況は、一般財団法人環境優良車普及機構のホームページで公表いたします。

3.補助要件
より燃費性能に優れた低炭素型ディーゼルトラックの導入を条件とし、平成29年度から廃車を伴わない場合でも申請が可能です。
・廃車を伴う申請:価格差の1/2
・廃車を伴わない申請:価格差の1/3
※価格差:低炭素型ディーゼルトラックと標準的燃費水準の車両との価格差

赤字で強調しましたが、この補助金公募の趣旨は、中小トラック運送業者がトラックを更新するにあたり、トップクラスの燃費レベルに誘導することによりCO2の排出削減を目指したものです

私が平素お付き合いのある運送会社でもそうですが、車両の経年劣化は著しく、安全面、環境面からもそれに見合った車両を購入したいという経営者の方が大半です。しかし現実的には、新車を購入する予算を捻出できない、捻出できるがこの先の経営環境を考えるとそこまで踏み切れないという問題があります。

そこで、言葉は悪いですが、

間に合わせの車両

を購入せざるを得なくなる。

それが現実かと思います。

(もちろん、すべての運送会社がそうではありませんので、念のためお断りしておきます)

国土交通省・環境省がそういう現実を考慮して、今回の補助金公募にしたのだとすれば、かなり実務的な発想かと思います。

予算額は28億円、申請受付期間は2017年6月12日(月)~2018年1月31日(水)、審査は申し込み順に行われ、予算残額を超える申請があった場合には、抽選により採択事業者が決定されます。

補助金対象車両は、

車両総重量3.5トン超の事業用ディーゼルトラックのうち、大型車・中型車・小型車それぞれの燃費・排出ガス規制について基準を満たす低炭素型ディーゼルトラックで、2017年4月3日から2018年1月31日までに、新規に新車登録された車両。

また、廃車を伴う場合の経年車の条件は、最新の燃費基準から約10%以上燃費の劣る事業用トラックであることが必要となります。

補助率は、

経年車の廃車を伴う申請の場合:

低炭素型ディーゼルトラックと標準的燃費水準車両との価格差の1/2

経年車の廃車を伴わない申請:

低炭素型ディーゼルトラックと標準的燃費水準車両との価格差の1/3

上限額は、補助対象車両の導入に必要な経費と基準額のうち、低い額です。

基準額は、

大型車で廃車有りは75万円、廃車なしは50万円

中型車で廃車有りは42万円、廃車なしは28万円

小型車で廃車有りは15万円、廃車なしは10万円

補助金を申請できるのは、補助対象車両の自動車検査証上の「所有者」に限られます

「使用者」ではないので、リースの場合には注意が必要です。

 

いずれにしても、この情報はかなり有益かと思います。

このブログにアップする前に、私が平素懇意にしている運送会社の方に情報をお伝えしたところ、やはり興味を持たれました(^_^)。

すでに、準備を進めています。

 

このブログを見て、ご興味をお持ちになりましたら、お気軽に下記までお問い合わせ下さい🎵

 

織田行政書士事務所のお問い合わせフォーム

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です