排出事業者 委託契約書の作成

ホームページの方にも記載しておりますが、排出事業者が廃棄物を処分業者に委託する場合、産業廃棄物収集運搬業者、処理業者の双方と契約を締結する必要があります。

一社と契約出来れば手間が省けて便宜であるにもかかわらずそれぞれと契約書を締結することを求めている理由は、廃棄物の処理を適正に行い、金銭の流れを透明にしてそれぞれの業者に適正な料金を支払うことにあります

ただし、収集運搬業と処分業の両方の許可を持つ業者との契約の場合には、収集運搬と処分を同一の業者が受託するので、これを1つの契約書にまとめても差し支えありません。

この委託契書ですが、単なる両者の取り決め的なものではなく、記載すべき事項は法定されています。記載すべき事項が欠如していたり、実際の内容と異なる場合は、委託基準違反として罰則が適用されますので、ご注意ください。

(運搬・処分委託契約書の共通記載事項)

1. 委託する(特別管理)産業廃棄物の種類および数量

2. 委託契約の有効期間

3. 委託者が受託者に支払う料金

4. 受託者の事業の範囲

5. 委託者の有する適正処理のために必要な事項に関する情報

(ア)性状および荷姿

(イ)通常の保管状況の下での腐敗、揮発等性状の変化に関する事項

(ウ)他の廃棄物の混合等により生ずる支障に関する事項

(エ)日本工業規格C0950号に規定する含有マークの表示に関する事項

(オ)石綿含有産業廃棄物が含まれる場合には、その事項

(カ)特定産業廃棄物が含まれる場合には、その事項(放射性物質汚染対処特措法施行規則附則第5条)

(キ)その他、取り扱いに関する注意事項

6. 委託契約の有効期間中に前項の情報に変更があった場合の伝達方法に関する事項

7. 委託業務終了時の受託者の委託者への報告に関する事項

8. 契約解除時の処理されない(特別管理)産業廃棄物の取り扱いに関する事項

(運搬委託契約書の記載事項)

1. 運搬の最終目的地の所在地

2. (積替保管をする場合には)積替えまたは保管の場所の所在地、保管できる産業廃棄物の種類、保管上限に関する事項

3. (安定型産業廃棄物の場合には)積替えまたは保管の場所において、他の廃棄物と混合することの許否等に関する事項

(処分委託契約書の記載事項)

1. 処分または再生の場所の所在地、処分または再生の方法および処理能力

2. 最終処分の場所の所在地、最終処分の方法および処理能力

契約書の記載事項の中で、ところどころで見慣れない専門用語が入っております。この記事でこれ以上書くと、また知人から、

「文字ばかりで読み気がしない」

と言われますので、次の機会にします(;^_^A。

では、今日はこれぐらいで。。。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です